辛悦院長プロフィール

辛 悦(しん えつ)

・中国推拿医師 (中国国家資格)
・柔道整復師  (日本国家資格)
・NPO法人 日本推拿医学協会 会長
・しんえつ整骨院グループ 総代表
・国際中医学院 学院長
・中国新興研究所 新興病院 理事
・アメリカプリンストン医学院 名誉理事


 


中国北京出身。三代続く医師の家系に生まれ、12才から中医学を学び始める。北京中医薬大学出身。推拿を学ぶために中国全土を巡り、あらゆる推拿流 派の方法をまとめる。大学病院で勤務医をしながら、ヘルニアの治療に関する論文を発表し高く評価される。15万人以上の治療実績を活かし、中西両医学知 識を網羅し、研究しつくした推拿手法を用いて「辛悦式推拿・辛悦式矯正法」を完成させた。


辛悦からのメッセージ


  私の家族は、全員が医師です。父は癌専門病院を経営しており、母は内科医を、兄は脳外科医をしていま す。中国の病院には、西洋医学の医師と中医学の医師が存在します。父、母、兄は3人とも西洋医学の医師です。家族の中で、私だけが中医学の医師というわけ です。
中国に於いて推拿医師になるには、大学の医学部に入らねばなりません。医学部ですから、もちろん西洋医学も学んだ上で中医学を学ぶのです。また中医学を学 ぶのですから鍼灸や漢方薬についても学びます。
私は鍼灸科でも修行をし中国では鍼灸治療も行っていました。鍼灸も非常にすぐれた治療法ですが、推拿の適応症状の多さと安全性の高さは鍼灸以上だと言えま す。
また、漢方について学ぶために中医内科でも修行をしました。中医学の四診の技術「望・聞・問・切」は相当臨床経験を積まねば習得できません。私は中医内 科でこの四診についての修行をしたのです。本来の中医学とは、症状の出ている部位にだけ治療を行う対処療法ではなく、その人全体を診ることで病の根本から 治す根治法です。例えば腰痛で西洋医学の病院に行かれて、骨格、筋肉、神経には全く異常がないと言われたという患者様がよくおられます。異常がないと言わ れても、ご本人は本当に辛い症状に悩まされていたりします。中医学の四診では舌診や脈診をはじめ、あらゆる角度から施術者の感覚で患者様を診ていきます。そ の上で、治療を行うのです。その人全体を診てはじめて、本当の治療ができるのだと思っています。
さて、私の専門は推拿ですが、推拿の特徴として、中国では数多くの流派が存在します。各流派によって手法や治療の理論が違います。推拿を学ぶうちに全流派 のことが知りたくなって、中国全土を回ってそれぞれの流派について学びました。
大学を卒業すると臨床の場に立つわけですが、私の勤めた 病院は中国でも初の推拿専門の病院でした。新卒2名の募集枠に入ることができ、その病院で勤務することになりました。私の配属部署は、ヘルニア専門の科で した。一日に私が治療する患者様の人数は、約50〜60名です。中国全土を回って得たあらゆる推拿流派の技術と理論を駆使して、より早くより良い効果を出 すように研究を重ねながら治療にあたってきました。その結果、私独自のやり方である、“辛悦式推拿・矯正法”を作り上げました。お陰様で治療効果は上々で す!
日本には語学留学がきっかけで来日し、11年が経ちます。日本に来てからも推拿以外の仕事をしたことがありません。推拿をすることで皆様の健康と幸せの役 に立ちたいという思いから、柔道整復師の資格も取得し、整骨院も立ち上げました。
一時期は整骨院のみで診療しておりましたが、今一度、純粋に辛悦式推拿・矯正法で治療をしていこうと辛悦推拿整体院を開院しております。
本当に辛い症状に悩まされている方、お気軽にご相談ください。




辛悦先生の著名な患者様


野球解説者の金村義明様


落語家の月亭八方さん






inserted by FC2 system